エンジンオイルの選び方

ためになる☆自動車生活情報

プロフィール

キーワード

こんにちは。

私の現在に至るまでの経緯を簡単にお話しておきたいと思います。

大学時代はアルバイトで200万円の自動車をローンで購入。

仕送りも無かったので、ひたすらアルバイトをしながら生活し、自動車の 節約方法を研究し続けていました。

機械システム工学部4大卒業後、現在自動車部品開発を行っています。

自動車の事でお困りなら読んでみて下さい。

自動車保険で疑問、悩みがあるなら...


安心と節約を両立したいなら一度読んでみて、自分に合ったプラン、会社を見つけましょう。


完全無料(0円)

自動車保険の教科書

(PDF全26ページ)

自動車の維持費を削減したいなら・・・

「お金を極限までかけずに維持費を節約、削減し、なおかつメンテナンスも出来るようになる」

小さな事から大きな事まで、一歩一歩確実に実践していける内容になっています。

それは何なのか、何のためにするのか、どのようにすれば良いのか、など写真解説付きで詳しく記載しています。

期間限定価格3980円

本物の節約術

(PDF全145ページ)

このサイトの記事を毎週確実に取り寄せたいのなら・・・

同じ内容をメールマガジンでも発行しております。

メールマガジンにご登録いただければ確実に毎週読むことができます。

完全無料(0円)

ためになる☆自動車生活情報

(こちらはメールマガジンです)

Sponsored Link

エンジンオイルの選び方

【今日の耳より情報】エンジンオイルの選び方
-----------------------------------------------

おはようございます。

先週もお話しましたように、
今日はオイル選びについてです。

オイルには

10W-30
5W-40

など、
数字が書かれています。


「W」

の前に付く数字は先週もお話しましたので
分かると思います。

ご覧になっていない方は
前回のメルマガを見てくださいね。


では、ハイフンの後に付く
数字は何なのでしょうか。


これは、

"高温時の粘度特性"

を表しています。


つまり、

"温度が高いときのオイルの粘り気(硬さ)"

です。


詳しくお話しますと
複雑で分かりづらくなってしまいますので、
簡単に説明します。

それは、

"数字が大きいほど、
温まった時の油膜保持性能に優れる
(エンジン保護作用が高い)"

と覚えておいて貰えれば良いでしょう。



ここの数字はそれほど気にしなくても
問題はありません。


実際にオイルを買う場合は、
どの自動車でも

"30"

となっているものを購入すれば
大丈夫です。


なぜ

"30"

なのか。


それは、それ以上の

"40"
"50"

と上がるにしたがって性能は向上するのですが、
オイルの金額が上がっていくからです。


大体市販されているメインのオイルは

"30"

ですので、
それを目安に選びましょう。


それ以下の数字のオイルは
あまりメジャーではありませんが、
販売はされています。

しかし、油膜保持性を考えますと
"30"はあったほうが安心です。




では、"W"の前の数字は何を選べば良いのか、
それをお話したいと思います。

これは、数字が小さくなるほど
エンジンの始動性に優れ、
なおかつ燃費も良くなりますので、
考えて選んだほうが良いです。


冬と夏では外気温差が非常にあります。


ですので、

4月〜10月、
11月〜3月

でオイルを変えると良いですね。


具体的に言いますと、

4月〜10月 → 10W-30
11月〜3月 → 0W-30

こうすると、冬の燃費が非常に良くなります。

"10W"



"0W"

を使い分けましょう。




しかし、このようにするのが面倒な方は、
一年通して

"10W-30"

にしておけば間違いはありません。


また、

"5W-30"

を年通して使っていただいても構いません。


金額が安い方を選べば良いでしょう。



では、オイル選びについて分かりやすく
まとめます。


選ぶオイルは、


4月〜10月 → 10W-30
11月〜3月 → 0W-30


もし、使い分けるのが面倒でしたら、


"10W-30"

または

"5W-30"
(金額の安い方でOK)

こうなります。


ご理解いただけましたでしょうか。

ぜひ参考に選んでみてくださいね。



来週は、

オイル交換の時期(サイクル)

についてお話したいと思います。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。