高めの空気圧

ためになる☆自動車生活情報

プロフィール

キーワード

こんにちは。

私の現在に至るまでの経緯を簡単にお話しておきたいと思います。

大学時代はアルバイトで200万円の自動車をローンで購入。

仕送りも無かったので、ひたすらアルバイトをしながら生活し、自動車の 節約方法を研究し続けていました。

機械システム工学部4大卒業後、現在自動車部品開発を行っています。

自動車の事でお困りなら読んでみて下さい。

自動車保険で疑問、悩みがあるなら...


安心と節約を両立したいなら一度読んでみて、自分に合ったプラン、会社を見つけましょう。


完全無料(0円)

自動車保険の教科書

(PDF全26ページ)

自動車の維持費を削減したいなら・・・

「お金を極限までかけずに維持費を節約、削減し、なおかつメンテナンスも出来るようになる」

小さな事から大きな事まで、一歩一歩確実に実践していける内容になっています。

それは何なのか、何のためにするのか、どのようにすれば良いのか、など写真解説付きで詳しく記載しています。

期間限定価格3980円

本物の節約術

(PDF全145ページ)

このサイトの記事を毎週確実に取り寄せたいのなら・・・

同じ内容をメールマガジンでも発行しております。

メールマガジンにご登録いただければ確実に毎週読むことができます。

完全無料(0円)

ためになる☆自動車生活情報

(こちらはメールマガジンです)

Sponsored Link

高めの空気圧

【今日の耳より情報】高めの空気圧
--------------------------------------------------------

タイヤの空気圧を高めに入れるメリットはあるのでしょうか。

あなたはタイヤの空気圧を高めに入れることはありますか?


もしかしたら、高速道路を走る場合のみ、
空気圧を高めに入れているかもしれませんね。

実際に高速道路に乗る前に空気圧を高めに入れる方は
非常に多いです。

それはなぜか・・・

聞いたことがあるかもしれませんが、

空気圧が低い
  ↓
タイヤの抵抗が増える
  ↓
タイヤが発熱する
  ↓
バーストする

という事が言われているからです。


つまり、空気圧を高めに入れることによって
バーストする危険を回避しようという
考えなんです。


では、これを聞いて、

「じゃあ、自分も空気圧を高めにしよう」

と考えたのでしたら
少し待って下さい。


なぜだと思いますか?






私が言いたいことは、

「高めの空気圧に意味は無い」

という事です。

むしろ危険が増します。



確かに低い空気圧だと危険です。

しかし、

「低すぎる」

から危険になるんです。


タイヤの空気圧点検は

”月一回が基本”

です。

膨らませて縛って置いた風船が一ヶ月もすれば
しぼんでしまうように、
タイヤの空気も日々減り続けています。

ですので、
タイヤの空気圧の点検を数ヶ月も怠っていると
空気圧が適正値以下になり、
最悪の事態を招いてしまうんです。


高めの空気圧にすると、どんなことが起きるのでしょうか。

もちろんメリットはあります。

それはズバリ、

”燃費が少し良くなる”

という事です。

しかし、その少しのメリット以上に
デメリットは大きいです。

そのデメリットとは、

・タイヤの真ん中の減りが早くなる
・乗り心地が悪化する
・滑りやすくなる

という事です。

大したことは無いように思えますが、
一番危険なのは

・滑りやすくなる

という事です。

これは非常に顕著に現れ、
特に高速道路などの速度が高い場合は
本当に滑りやすくなります。

本当に少しのことで滑ってしまうんです。
少し急にハンドルを切ってしまった場合などでも。



ですので、タイヤの空気圧はメーカー指定値に合わせて下さい。

指定値は、ほぼ全ての自動車が

”運転席のドアを開けた所”

に書いてあります。


メーカーでは開発時に、

・車重
・速度
・パワー

などに合わせ、空気圧を設定しています。


つまり、どんなシチュエーションになろうとも
指定値に入れておけば間違いないと言う事なんです。


ですので、私としては空気圧の指定値を守り
入れて欲しいと思います。


タイヤメーカーなどでも、

「指定圧以上の場合は・・・」

と注記されていますので、
指定値以上入れる場合は自己責任でお願いします。



もし、どうしても指定値以上入れたい場合は

+20Kpa

程度が良いでしょう。

きちんと月に一回の空気圧点検も
面倒だと思わずに行ってくださいね。


Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。